子どもと保育研究所ぷろほ 春期 開始

2020年度の春期は、新型コロナの緊急事態宣言下、幸いにも(?)少人数で、広さも規定以下であるため自粛対象にはならず、それでも手洗いや換気を十分にしながらの開講となりました。
遠くは宮城からの受講生もいて、作業療法士の方の全科目受講もあり、様々なニーズをもって参加しておられる様子に身が引き締まります。
7月まで、水曜日休みで(この日に園見学など行きます)土日も講座があるハードスケジュール。
疲れをためずに乗り切りましょう!

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 子どもと保育研究所ぷろほ 春期 開始 はコメントを受け付けていません。

「保育心理演習」という講座

この講座は、「相手の立場に立つ」ということを演習としてトレーニングすることを目的としています。「相手の立場に立つ」とは、保育者としていやになるくらい聞いている言葉だと思います。しかし、「相手の立場に立つ練習」をしたことはあるでしょうか?

例えば、野球で「ヒットを打つことは大事」だと言われて、「そうだ!」と思っても練習をしなくては、ヒットは打てません。野球のコーチが「ヒットを打つことが大事」というだけでなく、「ヒットを打つにはどうしたらいいのか?」「どんな練習をしたらヒットが打てるようになるのか」を指導しなくては、コーチと言えないでしょう。
野球のコーチだったら、「ヒットを打つにはボールをよく見て、バットの芯をボールに当てて、バットを思いきり振り切る」などと教えるかもしれません。さらには「ボールをよく見る動体視力をつける練習」「バットの芯に当てるバッティング練習」「バットを振り切るスィングの練習」と練習方法を指導するでしょう。

しかし、保育者養成に関わる方の中に、「子どもの立場に立つことが大事だ」としか言わず、「どのようなことが『子どもの立場に立つ』ことなのか」「どんな練習をしたら『子どもの立場に立てる』ようになるのか」を指導しない方は意外に多いのではないでしょうか。
子どもの立場に立つには、何が必要で、どのようなトレーニングによってその力はつくのかを提起し、子どもの立場に立てる保育者の養成に一歩近づきたいと思います。

一方で、相手の立場に立つということは、そう簡単なことではないことも心しておかなければなりません。
相手の立場に立つということは、自分のそれまでの生き方と異なる価値観を受け入れることであり、それはとても危険なことでもあり、怖いことと感じます。しかも、同じ事を体験しても人が違えば、受け取り方は違うのです。そっくり同じ事は体験できないなら、何で補ったらいいのでしょう。そこには、自分をその立場において、自分のこととして考える想像力が必要になります。
ここで、なるほどと思ってすぐにできる人はいません。どうすればいいかがわかっても、練習せずにヒットが打てる人はいないのです。
この講座では、その練習方法を提示します。最初からうまくはいきません。最初からヒットは打てない(まぐれ当たりはありますが)のと同じです。相手の立場に立った関わりができずに落ち込んで、失敗しながらも毎日練習を続ければ、1か月後には少しは相手の立場に立った応答ができる(ヒットが打てる)かもしれませんが、分かったつもりになって練習を止めてしまえば1か月後もヒットは打てないでしょう。さあ、やってみましょう。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 「保育心理演習」という講座 はコメントを受け付けていません。

新型コロナの渦中で思うこと

先日の西日本新聞にも紹介されましたが、新型コロナの渦中で私が思うことを以下に添付します。
「好きなことばかりやるな」と言われてきた日本の子どもたちに、自分の「好き」を見つけるチャンスになればいいなと思っています。
(子どもとメディアのHPにも同様の文章を掲載しています。)

<こどもたちへ>
突然(とつぜん)の休校(きゅうこう)にびっくりしましたね。学年(がくねん)の終(お)わりと始まりが休みになって、戸惑ったり、友達や先生と会えなくてさびしかったりした人もいるでしょう。

ずっと家にいると時間もたっぷりあって退屈していませんか?でも、いままで「やりたかったけどなかなかできなかったこと」ってありませんか?
「段(だん)ボール迷路を家の中に作る」「お菓子やケーキを作る」「全〇巻(ぜん  かん)の本(漫画)を読破する」「ハリーポッターの映画を全部観る」「聞いたこともないような音楽を聴く」など、やりたいことをぜひやってみてください。
「星のこと」「虫のこと」「海のこと」「町の歴史」「ロボットの仕組み」など、テレビ局や会社が、科学や歴史、学習をサポートするようなサイトを立ち上げて(たちあげて)います。自分の好きなことをより深く学んでみたり、いままで全く知らなかった世界に触れてみたりする絶好の機会でもあります。
皆さんは今、自分の「好き」を追求するチャンスと新しい世界を開く機会をもらったのです。ぜひ、たっぷりと時間を使って、自分の「好き」を見つけてください。

<おとなたちへ>
人類という種は、子どもが育つには、人と触れ合うこと、手をとりあうこと、語り合うことが必要な生き物としてこの地球上に誕生しています。でも、いま新型コロナがこれらの大きな部分を奪っています。つまり、ヒトが人間として育つための重要な要素のいくつかが、今、子どもたちから奪われているということの重さを、親や教師は意識しなければならないと思います。
そして、それを取り戻せるのは何時で、どのような場所・環境なのかを考えることが求められています。例えば、子どもたちの体重の異常な増加も報告され始めています。ですから、可能な限り、学校や部屋の中というようなスペースではなく、山や川、広場などの自然の中で、子どもたちの体験を展開していかねばならないと思います。今こそ大人たちが知恵を出し合って、そのような場を作る準備をしてほしいのです。
教師は、教師になった初心を思い出しましょう。本来の教師としての役割、子どもたちと関わることが好きだったのに今それができないつらさは、子どもたちとのかかわりが復活した時に、元の日常に戻ることでは取り戻せません。休校になる前の学校に戻るのではなく、もっと教師と子どもが近く関わりあえる学校になるための重要なジャンピングボードにいると意識してください。今、子どもたちと一番したいことは何でしょう?それができる学校にするチャンスだと思います。
子どもたちに出す宿題は「学校が毎日あったらできないこと、時間がかかってもあなたが好きなことをやる」でいいのではないでしょうか?学校が再開されて子どもたちが楽しかったことを報告するときのキラキラした目を想像してください。

親たちは、子どもと一緒に、特に何かしなければならないことも出掛けることもなく、こんなに長時間過ごしたことはないかもしれません。子どものいけない所やダメなところは一瞬で見つけられますが、いいところを見つけるには時間がかかります。
一緒に遊んであげなくてもいいのです。スマホやパソコンから目を離し、ただ、子どものしていることに興味をもって見守ってください。また、散歩する、料理をつくる、部屋の模様替えをするなど普段できないことに一緒にチャレンジしてみませんか?
「うちの子はこんなことが好きなのか」「こんな目をして、本を読むんだ」「こんな言葉を知っているんだな」など、子どものいいところを探してみませんか?

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 新型コロナの渦中で思うこと はコメントを受け付けていません。

好きなことばかりやっていいよ

新年度が始まりました。2019年度、まもなく令和の時代も、子どもと保育研究所ぷろほ よろしくお願いいたします。ぷろほの所長以外に、子どもたちの苦しい胸の内を聞く仕事をしていますが、最近考えていることを年度の初めにお話ししましょう。

よく学校の先生や大人(親)は言います。「社会に出たら、もっと苦しいことはたくさんあるんだから、好きなことばかりはできないんだから、楽に流されず、今のうちに頑張る力をつけておくように」・・・
すると、子どもは大人になるのが嫌になり、今を楽しめなくなり、今のうちに死んだ方がいいと思うようになるのです。

本当に大人たちは苦しい嫌なことばかりやっているのでしょうか?先生は、教育が嫌いだけどやっているのでしょうか?
苦しいことがあっても何とかやれるのは、その中に楽しみや好きなことがあるからだし、好きだからこそ困難でもやってみようという力が湧いてくるのではないでしょうか?
「好きなことばかりやらずに・・・」と大人は言いますが、子ども時代に好きなことを気が済むまでやった人の大人になった羨ましいほどの姿に、出会ってはいないでしょうか?
「好きなことを思い切りやって、やがてそれが社会と繋がるにはどうしたらいいか?」を考えた時、好きなことだからこそ社会と繋がるための困難にも立ち向かえるのだと思います。

子ども時代、特に幼児期は「好きなこと」を見つけ、それにじっくり関わる時間を保障され、好きなことをする自分を認めてもらってこそ、「社会に出て苦しいことがあっても頑張れる」
と、私は思うのです。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 好きなことばかりやっていいよ はコメントを受け付けていません。

保育所保育指針

「保育所保育指針は上等な素材です。でも、どんな上等な素材も、料理の仕方を知らなければ、食べることはできません」私の保育所保育指針の講座は、こんな言葉で始まります。
これまでの指針の講座の先生方は、「この素材が、どんなに素晴らしいか」を語っても、「どう料理したらいいか」は語らなかったので、保育士たちは、素晴らしい素材であることは知っていても、料理して食べることはできなかったのです。
「私は料理の仕方を教えます。そして、今日は一つだけ皆さんと作ってみます。でも、それで皆さんが、この上等の素材を全部食べられるようになるわけではないです。自分で、何度も作ってみなくては、自分の食べ物にはなりません。」
この例えは、とても分かりやすかったらしく、感想にも多く書かれていました。

「料理の仕方(読み解き方)のコツ」は2つ。その一つは文頭に「どのような保育をすれば」をつけ、指針の文言を分節や文章ごとの細切れにして、最後に「・・な子どもが育つか?」をつけて自分に問い返すということです。そしいくつかの例を挙げて、試食してもらいます。(こだわって読み解くって面白い!と思ってもらうということです。)
その後のワークでは、3つの指針・要領共通の「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」の文章に、その読み解きを試してみます。

その感想を少し紹介します。「指針は使いようによって保育士の宝になると実感できた」「どのようにすれば?をつけて考えていくと教えていただき、指針の見方や考え方が変わりました」「その素材の料理法は?と実際に二人で考えて話し合うことで、指針の深い意味にたどり着くことができた」「読み解き方で指針が身近になりました」「いままで指針を読み流していたことに気付き、これからは読み解いていきます」「ほしく甫保育指針を料理する方法、園での研修にすぐに活かしていきます」「料理する作業は想像以上に難しかったですが、ワクワクするので、料理が上手にできるようになりたいです」

たくさんの素晴らしい先生方が年月をかけて練り上げた文章です。その料理の仕方をもっと教えて、現場が活かせるようにしていきたいものです。短大で教えていた時代から、学生から「保育指針の授業がいちばんおもしろかった!」と言われていた私の読み解き方です。
ここには書ききれません。保育所保育指針の講演や指導をされる先生方にこそ、一度「保育所保育指針料理法」の講座をしたいような気持ちです。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 保育所保育指針 はコメントを受け付けていません。

不思議なご縁、旅先で保育の話

かつて、私のクラスにいて中途退学した教え子が、やはり資格を取ろうと思って行った通信制の大学で出会って、「心理に興味がある」というその人を私に紹介したという不思議なご縁のM保育士。いま神奈川にいるというので、横浜の娘のところの駅近くで、昨夜会って食事をした。

今の保育園(会社組織のたくさんの園を経営しているようだ)でも、園長より主任より勤務が長く、信頼されているらしく、たくさんの保育の話をした。特に支援や配慮の必要な子どもに目が行き、今は個別支援を中心に関わる立場にいて、3か月で自分が関わっている6人はほぼ落ち着いたという。特別支援教員の免許を取って、特別支援コーディネイターという立場で活躍してくれそうな人だ、いろいろな先生方に学びをつなぎたい。

その中で、いつもその保育士が引っ掛かることとして次の様なことが語られた。
「すぐ(部屋や園庭から)飛び出す子がいて、いくらダメだと言っても効果がなかった。巡回指導の先生が『保育士の気を引こうとしているだけだから無視するように』『目を合わせずに、とめて反対を向かせる』と指導され、そうしたら、その関わりをとても嫌がったが、結果としては出ようとしなくなった。」他にも、「すぐ立つ子は、立とうとしたら膝を押さえつけることで、『立たなければ、嫌な(痛い)ことをされない』と教えることで、座っているようになる」という指導があり、その子は座っているようにはなった。しかし、目を合わせずに近づいてくる保育者をとても嫌がることと、座っている時の辛そうな表情をみると、結果が出たからと言って、これでいいと思えない。」と悩んでいた。
さすが、この保育士の感性は素敵だ!

私はこう話した。
「気を引こうとしているから無視するように」とは、多くの心理士や巡回指導者が助言するけれど、私はそれはNeglectという虐待だと思っている。気を引こうとしているのなら、「ちゃんと気を引かれてやる」ことが大事で、「無視することで諦めさせる」は虐待と同じこと。その指導が多くの子どもたちの自尊感情を育ちにくくしていることに専門家と言われる人たちが気付いていない。
ただ!!(ここからが大事!)悪いことをした時に気を引かれるのではなく、普通の時(悪いことは何もしていない時)に気を向け、声をかけ、認めることが大事で、普通の保育者はそのいう子どもが何もしていない時は声をかけず、悪いことをした時だけ声をかけてしまうから、それが強化刺激になってしまう。何もしていない時に声をかけることができるのが「ぷろの保育者(ぷろほ)」。

その保育士は、「座っていなかった子に、『今日は座り方が上手だった』と褒めるようにしたら嬉しそうに座るようになった・・・あれでよかったんですね!」と嬉しそうに話してくれた。
「いつか、関係園の全体研修にお呼びしてもいいですか?園長もお願いしてって。いつでも先生の都合に合わせますって」と。ありがたいご縁がまた繋がった。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 不思議なご縁、旅先で保育の話 はコメントを受け付けていません。

お母さんの声

20年ほど前に、ある小児科医から「赤ちゃんが泣いている時に誰の声を聞かせると早く泣き止むかという研究を20年来しているけれど、やはりお母さんの声がいちばん早く泣き止むんだよ」と伺ったことがある。そのときに、「やはりお腹の中にいるときから聞いている声は安心できるんでしょうね」とお話していた。

ところがそれから10年ほどして、その小児科医が「山田さん、前に言っていたことね、最近違ってきたんだ。お母さんの声と同じ言語の女性の声との差がなくなってきたんだよ!」と不思議そうに言われた。
もうその頃「子どもとメディア」の活動をしていた私には、ピンとくるものがあった。おなかの中にいるうちから聞いているからお母さんの声で泣きやむのであれば、お腹の中で聞く体験が減ってくれば、それが安心材料にならなくなるだろうということだ。
赤ちゃんの聴覚が完成したのち、臨月になったお母さんが誰かとしゃべれば、その声は赤ちゃんにも伝わる。しかし、お腹が大きくなってあまり外に出なくなった妊婦のコミュニケーション手段は、あっという間におしゃべりではなく黙って文字を打つことに変わってしまっていたのだ。
それでは、赤ちゃんがお母さんの声をお腹の中で聞くことが激減するのも道理である。

私が短大で教鞭をとっていたころ、学生に「あなたの身近に妊婦がいたら、メールやLineではなく、電話をしなさい。相手がしゃべる声は赤ちゃんにも聞こえていて、それが生まれてからの安心感につながるのだから・・」と話していた。
いまは、このようなネットを通して伝えているが、これが多くの方の耳に(?)届いたらいいなと思う。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | お母さんの声 はコメントを受け付けていません。

ぷろほ春期総合演習研究発表&修了式

2018年度春期もあと2日を残すのみとなりました。滋賀から、徳島から、長崎からの受講生が卒業します。
最後の20日は、午前中総合演習研究発表、午後は修了式です。
おいでいただける方はどなたでも大歓迎!

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | ぷろほ春期総合演習研究発表&修了式 はコメントを受け付けていません。

熱中症になりやすい身体・なりにくい身体?

暑い日が続きます。熱中症のニュースにも心痛める季節です。
近年の気温の高さも異常ですが、子どもが熱中症になりやすくなったようにも感じませんか?熱中症になりにくい身体とはどういう身体なのでしょうか?

それは「汗をかく」ということにヒントがあります。
人間の身体は全身に汗腺を持っていて、暑いときはそこから汗が揮発することで体の熱を奪う仕組みになっています。
人類の汗腺の数は、生まれた時は同じそうですが2歳までにどんな気候環境で育ったかによって「能動(汗をかくことができる)汗腺」の数が変わるそうです。

たとえば2歳までを熱帯地域で毎日大量に汗をかいて育てば、ほぼ100%の汗腺が能動汗腺になる(ちょっと動いても汗が出る)けれど、日中もあまり気温が上がらない地域で汗をかかずに2歳まで育つと、能動汗腺は30%ほどに止まる(あまり汗をかかない)のだそうです。

本来日本人は60%程度が能動汗腺だったのだけれど、今の日本人はそれが30%くらいになっている子どもも多いといわれます。つまり、汗をかかず、熱が身体にこもりやすい日本人が、各家庭にエアコンが行き届いて涼しい中で2歳までを過ごすことができるようになった1990年台ころから増えていることに、私たちは気付かなければなりません。

だから、保育者には「夏でも赤ちゃんをクーラーの中に置きっぱなしにせず、2歳までは、必ず一日に1回はエアコンのないところで動くことで、汗をかかせること」(もちろんその後は行水やシャワーで汗を流し、昼食後は涼しいところでお昼寝)と伝えてきました。

でも、それを知らない保護者や保育園は、一日中涼しい所に乳幼児を置いて、汗腺が30%ほどの子どもを作り出してしまい、その子が3歳過ぎて園で炎天下走り回ったり、学校で校庭に長時間いたりすると、熱中症になりやすい状態になるわけです。
2歳まで、あまり汗をかかないようにエアコンを効かせた中で育てた保護者の方はそのことを園や学校に伝える必要があります。
今育てている方々、どうぞ、一日1回は汗をかいて、それを流して食事をし、寝るときはしっかり快適温度で寝かせてください。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 熱中症になりやすい身体・なりにくい身体? はコメントを受け付けていません。

キャリアアップ研修の追加講座を!

秋期に保育士等キャリアアップ研修の3日間集中講座を企画します。

★専門分野別研修「障害児保育」10月11日9:30~10月13日12:40 (牧野桂一・山田眞理子)

★専門分野別研修「乳児保育」11月14日13:30~16日16:40 (山田眞理子、吉柳三枝子、大屋省子、原陽一郎)

★保育実践研修「感覚統合」9月13日9:30~15日12:40 (新城玉恵、山田眞理子)

県からの追加承認もいただきました。「障害児保育」「乳児保育」「感覚統合」の3科目を、各3日間(15時間)実施します。通常の講座とはちょっと違った組み合わせもあって、学びがお得になっています!

3日間連続なら、遠方からも2泊3日で受講できるメリット!園の中のスペシャリスト育成のため、是非ご利用ください。

ただ、定員は25名と限られています。行政や企業は100人ー200人で講座をやりますが、そんな一方的な講座でキャリアアップになると私は思っていないので、学んだ方がその後に活かせるように、しっかり組み立てています。ここで一緒に3日間学ぶ仲間のつながりも、これからの宝になるでしょう。

受講申し込みをお待ちしています。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | キャリアアップ研修の追加講座を! はコメントを受け付けていません。