生活発表会は生活から

生活発表会やお遊戯会の季節ですね。
生活発表会では、多くの園で「劇」をやっていますが、さてその指導をしている先生方の中のどれほどの人が「演劇」の経験があるのでしょうか?演劇の経験もない先生が指導する「げき」は、ただ教えられた動きとセリフを大きな声でいうものになっていて、時には主人公役が場面によって入れ替わったりと悲惨で、子どもの「表現」でもなければ「やる気」もないため、日本の子どもたちの多くが「劇嫌いになってゆく」元凶になっているとも思えるのです。
山田は、元演劇部でした。そして、子どもたちのために選んだ保育園は「創造保育」という、子どもがその主人公になって1年中を遊びきり、それを舞台にも乗せる園でした。
そしてその後、子どものためのドラマスクールの活動、インプロワークなどに触れることによって、いまぷろほでは、絵本からその年の子どもたちが選んだ遊びを展開する中で、運動会も発表会も構成してゆく保育が生まれています。
H保育園は、ドラマワークや絵画療法、表現療法(文芸)などを複数の保育士が受講し、生活発表会を大きく変えてきた園です。
今年の様子を少し紹介しましょう。

H保育園の生活発表会。
「表現」は、当日の舞台の上で起こるドラマをそのまま保護者に見てもらう形で展開される。
3歳児。春ころに作った積木の象に、「ハウリー」と名付けた子どもたち。ところが、総練習の日、大好きな象のハウリーがいなくなった。探していると、ピエロと一緒にサーカスにいるという手紙が届く。さて本番の日、子どもたちはサーカスにはうりーを探しに行く。

4歳児。ずっと大切に過ごしてきた宇宙のたまご。散歩もお昼寝も一緒、一緒に遊んでも来た。生活発表会の日の楽器演奏も一緒に舞台に乗っていた。
ところが、宇宙人のお母さんが返して欲しいとやってきた。客席から近づいてくる宇宙人のお母さんに舞台に固まる4歳児。卵を返すのか返さないのか?宇宙人のお母さんと宇宙語でのやり取りが始まる。

5歳児。大好きな担任が拐われた!ヒントのかけらを一つ一つ集めて取り戻せるのか?
本気で取り戻したいのか?!

ハラハラドキドキの3時間でした。
その後、振り返り会で伺った1年の流れを紹介しましょう。

2歳児 「パパお月様とって」
そもそも1歳児から「おつきさまこんばんは」の絵本が好きだったので、2歳児は「パパお月様とって」を題材にしようと思う。とにかくお散歩に行っても、何をしていても「お月様はどこにいる?」「あれもお月様のお友達かな?」とどこにでもお月様を見つける毎日。
そして、お月様のお友達のお星さまを作って部屋の天井から下げたり、窓に張ったりする夏。どんな色にするかなどいろいろ考えて作ったお星様と過ごす毎日。お母さんにも家で作ってもらって、夏の保育参観に持ってきてもらい、部屋にたくさんのお星さまになった。ところが、親子が裏山に散歩に行っている最中にその星が無くなった!!あちこちを探し回る子どもたち。その間に、それぞれの裏に金平糖を張り付けた星は園庭のあちこちに・・・。それを見つける子どもたち、そして大喜びで「星ってどんな味?」と金平糖を口に保育参加が終わる。
運動会は、巧技台を使って梯子渡りをしてお星さまを取ったり、星をタイヤに乗せて運んだり。
秋から「お月様を作ろう」に展開。お月様ってどんな形?子どもによって三日月から満月までいろいろ。子どもたちは自分の作ったお月様をもってお散歩やあぶくたった、かくれんぼなど毎日を過ごす。担任はニコニコ顔のお母さんお月様をもって遊んでいた。
生活発表会総練習(リハーサル)の日。そのお月様が無くなった!探し回る子どもたち。「こっちにあるみたいよ」の声に舞台へ行くと、そこに子どもたちのお月様が!それをもって、舞台の上でいつものように遊んで総練習終わり。
1週間後の本番までの間に、各家庭では子どもに内緒で「ハシゴつくり」が園からお願いされた。当日をれを隠して持参し、観客席に座っているお父さんたち。一方、子どもたちが今まで見たこともないほど大きな(直径1m以上)お月様を作って、副担任にもサプライズをたくらむ担任。
発表会当日、また子どもたちが作ったお月様がない!しかもニコニコ顔だったお母さんお月様の顔が泣いている!(まだ乾いていなかったお母さんお月様の顔のマジックが持った拍子にこすれたので、子どもたちはお母さんお月様がけがをしたと大急ぎでバンドエイドを張った!・・これは、ひとつ前の出し物くらいのタイミングで各保育室で行われているドラマだが、もう舞台は始まっていて保護者は幕の開かない会場で待っている。)
「また、あそこじゃない?」という子どもの言葉に舞台に行く(ここで幕が開く)が、そこにはない。しかも、客席も明るいので、「まだ昼間だからお月様でないんじゃない?」「夜になるまで遊んで待とう」と子どもたち。舞台上で、あぶくたったやかくれんぼ、わらべ歌などして遊んでいる間に、客電がだんだん落ちて暗くなってくる。
「あ!」 袖の幕の間から大きなお月様が見えた瞬間、子どもたちと副担任は絶句!!もちろん取ろうとして飛びつくが2歳児で届くはずがない。舞台上からの「パパとって~!」の声に、待ってましたとばかりに手作り梯子を持って舞台に上がってゆくお父さんたち!
それでも一人ひとりのはしごでは届かない。ハシゴをつなげて、やっとその大きなお月様が取れた!
その後も毎日その大きなお月様と遊んでいる子どもたち。保育室では狭いのでホールに行くまでの廊下を、必ずその梯子を並べてその上を歩いてゆく2歳児である。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 生活発表会は生活から はコメントを受け付けていません。

養成校教員と園のリーダーのための保育講座

大学教員・園のリーダーのための(短縮バージョン)_ページ_12月26日~28日、保育が専門ではない保育者養成校の教員と園のリーダー(園長必ずしも保育の勉強をした方ではない)のための、ぷろほ独自の保育講座。
「子どもの人生の時間を借りて行なっているのが保育。その時間を子どもにとって幸せな時間にするための専門職が保育者・・」。そんな思いと実践の技術を、これから保育者を育てる養成校の先生方に、園の未来を担うリーダーに伝えたい。
ありがたいことに、遠くは北海道や北陸からの参加も得て、熱意ある先生方と共に学べる時間が楽しみです。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 養成校教員と園のリーダーのための保育講座 はコメントを受け付けていません。

沖縄の教え子から「ぷろほに行きたい」

九州大谷をずいぶん前に卒業した沖縄の保育士から、「ぷろほに行きたいと思って園長に相談しているので・・」と住居のことについて相談のメールが来た。
職場を変わることになって、今までも力不足を感じていたのでこの機会にと思って新しい園の園長に相談したら「是非行ってきなさい」と言われたという。ただ、新園なので、動き出してみてから・・とのことで、今のうちに聞いておきたいと。
こんな風に思ってくれる教え子がいるって嬉しい!あ・・・、歳をとると涙もろい。泣きそう!

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 沖縄の教え子から「ぷろほに行きたい」 はコメントを受け付けていません。

真面目な先生方の陥る罠

「食の細い子に何とか食べさせようと介助する」「制作ができない子を励まして何とか完成させる」・・真面目な先生ほど陥る罠です。
私は、保育者の専門性は、完食させることでもなければ、出来ないことを頑張らせることでもないと思っています。
今日の研修でも、そんな一所懸命に子どもに対応して事例を出してくださった先生には辛い言葉だったかも知れませんが、「保育者のするべきことは、食べさせることではなく、お腹がすくくらい楽しく遊ばせること。そして、出来ないことをさせるのではなく、その子が楽しく出来ることに変える工夫をすること。」とお話ししました。
伝わってくれたら嬉しいけど・・。

だって、保育は子どもの人生の大事な時間を借りてやっているのですから、その子にとって幸せな時間にする責任が保育者にはあると思うのです。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 真面目な先生方の陥る罠 はコメントを受け付けていません。

子どもは必要なことを教えてくれている

私は講座などで「子どもは必要のないことはしない。甘える子は甘えることが必要だから、気を引く子は気を向けてもらうことが必要だから。噛む子は噛むこと(に伴う感覚刺激)が必要だからしているの。・・・」と話します。
一つ前のブログに書いた人工芝やチェーンブランケットの工夫も、そのハウツーではなく、子どもが教えてくれることに真摯に耳を傾ける保育者の姿勢が生み出すものです。

今日の研修でも、「いつも何かに寄りかかって、ちゃんと座っていられない子ども」に、(よく見ていると体幹が弱いのではなく、何かが背中に着いていることが必要なようなので)百均でマットを買ってきて、それを2枚合わせてランドセルのように背負わせたら、座っていられるようになりました」との報告。この園はもう何年も私のスーパービジョンを受けているので、言われる前に出来ることはやっています。

噛む子にはその子の気に入る噛み心地の噛めるものを用意してあげることは、その子に「あなたは一人ではない」「あなたと共に歩む人がいるよ」と伝えることであって、小手先のグッズの話しではないのです。
そんな人間観を背景にしていながらも、保育者が明日からすぐに出来る工夫を示唆する・・そんな研修を心がけて、今年もあと2ヶ月になりました。
今年の最後(3月27日)の研修対象は園長・設置者たちと今日聞きました。ワークショップやります!どうなることやらワクワクです。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 子どもは必要なことを教えてくれている はコメントを受け付けていません。

種が芽を出す

私はあちこちの講演や研修で「種を蒔いている」のだと思う。その種を土に埋めるのは保育者たち。そして、保育実践や子どもたちの中に芽が出る。
私はそんな瞬間にはほとんどで会うことはないが、そんな報告があるとたまらなく嬉しい。
12月の「タッチケア&わらべうた」を受講された先生から「講習会で学んだタッチケア&わらべ歌は、園の0.1.2歳児の子どもたちにかなり浸透してきました。
子どもたちが自分の番を待つ間、隣の友達に自分がしてあげる姿が何とも言えない可愛さがあります😊」とメールがあった。「今年のお遊戯会で、0歳児のお母さんたちにもステージに上がっていただき、一緒にやってみたいと考えています。0歳児は、いっちく たっちく たえもんさんがブームです。歌い始めると、みんなが自分の指のつまんで寄って来ます。」って可愛い!

そして、園の研修に伺った時にお話ししたチェーンブランケットや足裏の刺激のことを早速実践して、「鎖を縫い付けたタオルケットを作ると、寝つきの悪い3歳児が気に入って使って寝ています。
足をごそごそしてしまう子どもが自分で人工芝を手ごろな大きさに切ったものを、必要なときに足元に置いて使っていたりします。自分たちの心がけひとつで保育がかわると、振り返りながら、若い職員たちに一つひとつ理解してもらっています。」
種が芽を出している姿が目に浮かびます。保育実践の中に種を植えてくれてありがとうです。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 種が芽を出す はコメントを受け付けていません。

大学教員と園のリーダーのための特別保育講座

私自身もそうでしたが、大学院で教育学や心理学、美術や体育、音楽などを学んで保育系養成校に就職して、さて保育者になる学生たちに、保育に繋げて自分の専門を伝えることができるのか?
私が就職した30数年前はそれでも現場から学びながら大学教員も育ててもらいましたが、いまは大学の状況もそんな余裕はなく、保育現場はさらに緊急の助言を必要としています。また、園長になる立場だ(園長になる立場の人と結婚してしまった)が、保育は専門ではないと言う方々も多くいます。
保育が専門でない大学教員が自分の専門の周辺領域を保育に繋げながら学ぶ機会を作りたい、園長が保育を幅広い目で見る視点をと、ぷろほでは、2017年2月26日~2月28日に、3日間の大学教員と園のリーダーのための特別講座を開きます。
「保育者になりたい学生のために、新人保育者のために、この視点で学びを深める手伝いを!」そんなヒントが満載です。
ただいま受講者募集中。
大学教員・園のリーダーのための(短縮バージョン)_ページ_1

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 大学教員と園のリーダーのための特別保育講座 はコメントを受け付けていません。

冬期開講準備中

冬期は開講されます。科目受講の皆さん、どうぞ。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 冬期開講準備中 はコメントを受け付けていません。

チェーンブランケット

%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88%e4%b8%ad%ef%bc%89 %e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e8%a1%a8%ef%bc%89

キルトの間にチェーンを入れ込んだブランケット。以前の保育研修の時に「なかなか寝付けない子どもに、重みのあるチェーンブランケットを掛けることで落ち着く」という話しをしていたら、寝付けない子どもに困っていた保育士さんが早速作って実践。それまで寝付くのに一時間くらいかかっていた子どもが、10分ほどで熟睡し、やがてその子は要らなくなって他の子どもに・・。その園ではいくつかのブランケットを作って寝付けない子どもに使っている。
今日行ったら、「山田先生に御礼のプレゼント」と手作りのチェーンブランケットを頂いた。チェーンは取り外し可能で、重さを調節できる上、汚れたら外してブランケットだけを洗濯可能!すばらしいプレゼント!これからの保育研修には持って行ってみせますね!

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | チェーンブランケット はコメントを受け付けていません。

「改訂児童福祉法」勉強会 

14459093_1061367453982061_1393880953_n
先日、元児童相談所所長・元西南大学教授である淵上先生を囲んで、3月に改訂された児童福祉法の勉強会をしました。以下、皆さんにも知っておいていただきたいポイントを報告します。

以下、淵上先生のお話の要点
今回の児童福祉法の改訂は、第1条、第2条が大きく書き換えられた画期的なもの。
その第1条に「子ども(日本語訳は児童)の権利条約の精神にのっとり・・」と明記され、それまでの「愛護されねばならない対象としての子ども」から「権利の主体としての子ども」という大転換がある。
日本の子ども関連の法律の中ではじめて「意見の尊重」と「最善の利益の優先」が具体的文章として書かれた。
他の条項は一部改訂がなされていくだろうが、第1条の改訂はおそらく50年以上なされないと思われるため、この精神に基づいた子ども施策のあらゆる転換がこれからの社会を担う我々の使命。

まず日本における「子どもの権利条約」を学び直すところからが必要。日本は子どもの権利条約を批准(1994年)してから、子どもへの認知や環境の改善について国連から3回に及ぶ勧告をうけており、3回目は改善が見られないことから「強く政府に勧告する」と書かれている。

第2条「・・児童の年齢及び発達の程度に応じて、その意見(この日本語訳の妥当性については後述)が尊重され、その最善の利益が優先して考慮(この日本語訳についても後述)され・・」という文章に関して、最も違反していると気づくのは、関心や理解度の異なる子どもたちを一日中同じ部屋に置いて同じ授業をする日本の学校システムである。
特に「教育が競争的である」ことは3回とも指摘されているがその改善は大学入試における方法の変更にとどまり、日常の学校教育システムの改善には踏み込んでいない。
この背景には、そもそも1947年に児童福祉法が制定されたときの、当時の厚生省と文部省の確執がある。最初の案の中には「児童の福祉と教育」に関する法律であることが書かれていたが、文部省が「教育は自分の領域だ」と主張して「教育」の言葉を削ったため、児童福祉方の福祉の言葉の持つ意味が限定されることとなった。そのまま70年、今でも子どもに関する法律が「教育基本法」と「児童福祉法」に分かれていて、幼児期の教育をはじめ、行政に影響を与えている。

子どもの権利条約の中の文章の訳語に見え隠れするあれこれ
1,福祉:日本においては welfareを福祉と訳し、そこには「保護を要するマイナスをゼロにしてゆく視点」があるが、子どもの権利条約で福祉と訳されている単語はほとんどwell-beingである。これは、日本で言う狭い意味での児童福祉ではなく「子どもの幸せ」とでも訳されるべきものである。

2.第一義的(Primary):第2条2項で、「児童の保護者は、児童を心身共に健やかに育成することにおいて第一義的責任を負う」とうたわれているprimaryは、保護者に対しては第一義的と訳されているが、同じ単語が国や地方公共団体が主語になったとたんに「優先的に」「主に」と訳される。ここから何を読み取るかが大事。

3,子どもの意見表明権(Views):意見表明権については、日本においてよく問題にされる。その最悪なものは「子どもに意見表明権やらやったら、勝手なことばかり言うようになる」というおじ様方の言い分である。権利はやるものではなく、そもそも子どもも国民であるから、基本的人権として保障されているものであり、それを奪っていたことに気づこう。
意見も言えない小さい子ども波動するのかと聞かれることもある。子どもの権利条約で言われている「意見」の言語は「View」であって「opinion」ではない。
そしてこのViewsには、とらえ方・感じ方・思い・願い・見え方をいう意味が含まれ、子ども一人ひとりが「感じる自由」を持っており、「意思を持つことを尊重」されて生きることが保証されるというのがこの条項なのだ。「勝手なことを言うようになる」等とはほど遠い。

その他、話された大事なポイント
☆権利とは「自分が自分の主人公である」という認識。
☆教職課程や臨床心理士の課程の中の必須科目に「児童福祉」がないことが、学校現場やスクールカウンセラー・相談室に様々な課題を残している。
☆生存権・発達権の上で妨害的に作用するものは排除する義務が大人にはある。
☆問題が出てきたときは、それをバネに新たな仕組みを開拓するチャンスである。
☆子ども自身が意見を聞いてもらえると思っていないし、子どもの権利条約なんて机上の空論としらけている。意見や思いを聞いてもらえた体験のある子どもをたくさんにしてゆくしかない。
☆厚生労働省の中で、「雇用均等・児童家庭局」とまとめられてしまっていたものがやっと「子ども家庭局」が独立するという情報がある。「子ども家庭省」になるまで推し進めよう。

保育に携わる全ての人へ、学びの場を提供します。
現場で必要とされる専門知識を、3か月で習得することができます
特定非営利活動法人 子どもと保育研究所 ぷろほ
カテゴリー: 新着情報 | 「改訂児童福祉法」勉強会  はコメントを受け付けていません。